欢迎来到 - 微信美文网 !    
当前位置: 首页 > 星座 > 星座短信 >

短信|こまつ座

时间:2018-06-11 19:35 点击:
座付作者井上ひさしに関係する作品のみを専門に上演する制作集団「こまつ座」の公式HP。公演情報オンラインチケット購入ブログ「the座」やグッズなどをご紹介し

井上麻矢の著作本発売

こまつ座の井上麻矢の著作本が発行されました。

『女にとって夫とはなんだろうか』(KKベストセラーズ/西舘好子さんと共著)
2018年5月26日発売 1400円+税
母から娘へ、娘から母へ、娘から子供たちへ今こそ向き合いたい「愛情の遺伝」。
自立した女性に贈る「幸せ」をもたらす折れない生き方とは。母と娘、渾身の全編描き下ろし作品。

『マンザナ、わが町』7月7日前売開始!

2015年に熱い感動を呼び、数々の演劇賞を受賞した『マンザナ、わが町』。
5人の日系アメリカ人女性が時に泣き、時に笑いながら、辛い現実から逃げずに
前に踏み出す姿をいきいきと描きます。
土居裕子さん、熊谷真実さん、伊勢佳世さん、吉沢梨絵さん、そして新たに出演する
北川理恵さんという魅力あふれる女優陣の、極上の芝居のアンサンブルをお楽しみください。

日本人海外移住150年記念
こまつ座第123回公演
『マンザナ、わが町』
作 井上ひさし
演出 鵜山仁
出演 土居裕子、熊谷真実、伊勢佳世、北川理恵、吉沢梨絵
2018年9月7日(金)15日(土) 紀伊國屋ホール
入場料:7,000円(全席指定税込)
学生割引:4,000円 ※中高大学、各種専門学校ならびに演劇養成所の学生対象
前売開始:2018年7月7日(土)

公演案内をご希望の方には、前売に先立ち、先行販売のご案内をお送りいたします。
こまつ座03-3862-5941まで。

『父と暮せば』好評発売中

父と娘の「命」の会話が
新たなキャストでよみがえる―

こまつ座第122回公演
『父と暮せば』
作:井上ひさし
演出:鵜山 仁
出演:山崎 一、伊勢佳世

2018年6月5日(火)17日(日)六本木俳優座劇場
入場料:5,500円(全席指定税込) U-30:3,500円(観劇時30歳以下)
前売開始:2018年4月7日(土)

★スペシャルトークショー★
6月14日(木)2:00公演後
鵜山仁(演出家)―『父と暮せば』の新たな旅立ち-
司会:井上麻矢
※アフタートークショーは、開催日以外の『父と暮せば』のチケットをお持ちの方でもご入場いただけます。
 ただし、満席になり次第ご入場を締め切らせていただくことがございます。
※出演者は都合により変更の可能性がございます。


【出演にあたってのコメント】
<山崎一さん>
恐らく井上作品の中で最も有名な作品であり、
かつ最高傑作でもあるこの作品に出演させて頂くことは大変な光栄であり、
また同時に大きなプレッシャーでもあります。
しかし未熟ながら全力を尽くそうと思っています。
なぜなら、この作品はいま上演されなければならない作品だと思うからです。
どうか温かい目で見て下さい。
そして出来れば多くの人に「今」観て欲しいのです。
人間が同じ過ちをまた繰り返さないためにも!

<伊勢佳世さん>
尊敬する役者さん達が演じられてきた「父と暮せば」。
お話を頂いた時は、嬉しさよりも身の引き締まる思いになりました。
これまで、こまつ座では戦争を題材にした作品を二作品演らせていただき、
その度に、戦中の作品を演じることの難しさを感じていました。
今作もその難しさはひとしおですが、愛おしく、大切に挑もうと思っています。
初めて共演する山崎一さんと、どんなコンビになるのか、私自身、一番ワクワクしております。

2018年10月『母と暮せば』舞台化!

井上ひさしの構想を受け継ぎ、名匠山田洋次監督が手がけた映画「母と暮せば」(2015年公開)。
長崎で被爆した母と亡き息子の幽霊の交流を描いた感動作でした。
今秋、「母と暮せば」がついに、素晴らしい出演者、スタッフを迎えて二人芝居に生まれ変わります。
舞台『父と暮せば』、『木の上の軍隊』に次ぐ、こまつ座「戦後"命"の三部作」第三弾として、
母と息子、そしてすべての「命」をつなぐ、深く温かい物語をお届けします。

こまつ座第124回公演紀伊國屋書店提携
『母と暮せば』
監修 山田洋次
作 畑澤聖悟
演出 栗山民也
出演 富田靖子 松下洸平
2018年10月 紀伊國屋ホール
前売開始:2018年8月4日(土)
東京公演以降、全国各地にて上演(茨城、岩手、滋賀、千葉、愛知、埼玉、兵庫)

公演案内をご希望の方には、前売に先立ち、先行販売のご案内をお送りいたします。
こまつ座03-3862-5941まで。

◆辻萬長 出演情報◆

TBS日曜劇場「ブラックペアン」
4月22日(日)夜9時スタート
主人公渡海征司郎(二宮和也さん)の父渡海一郎役にて出演が決定しました。
公式サイト→こちら


今年9月、『オセロー』にブラバンショー役で出演いたします。
『オセロー』
9月2日(日)9月26日(水)
新橋演舞場
公式サイト→こちら

文化庁芸術祭大賞受賞のご報告

平成29年度(第72回)文化庁芸術祭演劇部門関東参加公演の部にて
こまつ座が「大賞」を受賞いたしました。

受賞対象:『きらめく星座』の成果
受賞理由:
太平洋戦争前夜までの一年間を、東京浅草の小さなレコード店一家を
舞台に描いた井上ひさしの音楽劇である。
栗山民也演出により主要キャストが再演、アンサンブルは抜群で
「歌うことは生きること」「言葉を扱う発信者側と受信者側の責任」など、
井上が込めたメッセージはさらに深化し、優しく現代の私たちに訴えた。

こまつ座第120回記念公演『きらめく星座』にご来場のお客様をはじめ、
お力添えいただきましたすべての皆様に心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。

「こまつ座のパズル」正解発表!

第120回記念公演『きらめく星座』公演中に劇場ロビーにて開催しました
「こまつ座のパズル」の正解を発表いたします!

【正解】(順不同)
頭痛肩こり樋口一葉
父と暮せば
きらめく星座
シャンハイムーン
マンザナ、わが町


ちなみに...
それぞれの演目の間違えやすい箇所をこっそりとお伝えします。
『父と暮せば』の「暮せば」は送り仮名で「ら」が入りません。
『マンザナ、わが町』には「、」が入ります。

こまつ座オリジナルグッズプレゼント当選者の発表は、
発送をもってかえさせていただきます。(年内中に発送予定です。)

たくさんのご応募ありがとうございました!

業務提携のお知らせ

数据统计中,请稍等!
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%
------分隔线----------------------------